ターゲット魚種

トラウト(trout)

この伊豆の渓流における主なターゲットは、イワナ・アマゴ・ヤマメに外来種のニジマス・・その全てを含めてトラウトと呼ばれます。

今や掛け合わせのトラウトも含め種類は増え、上記以外にも管理釣り場に行くと、ブラウントラウト,スチールヘッド,ドナルドソン,ブルックトラウト,F1,カムループ,タイガー,イトウ,コーホーサーモンと他にもトラウトと呼ばれる魚種があります。ここに挙げた魚種はイトウ(北海道)以外は、基本的に日本の自然河川には居ないとされます。しかしながら、管理釣り場近くの河川には、大雨等で管理釣り場から流れ出た、いわゆる『逃げマス』と言われるマス達が生息し、ブラウントラウトが釣れたり、ブルックトラウトが釣れたりと言う河川も中にはあるのが事実です。尚、外来種のニジマスは管理している漁協によっては放流したり、ニジマス釣り大会等を行ったりしていますので、その様な川では当然に生息しており渓流フライフィッシングの対象魚になります。

背中の白い斑点が特徴の"イワナ"生息域は河川の最上流部に生息し食欲は旺盛で獰猛、カエルを捕食したり、時には蛇をも捕食したりと言う話もある。視界が広くとても警戒心の強い魚で一度隠れると一日中岩陰から出て来ないと言われている。

伊豆の在来種の”アマゴ”は、ヤマメととてもよく似ています。違いは、朱点があるのはアマゴで、朱点がないのはヤマメ。性格はとても臆病で敏感、気配を感じるとすぐに岩陰に隠れてしまいます。

ヤマメもアマゴと同じく生息域は河川上流部で、こちらもとても警戒心の強い魚で気配を感じるとすぐに岩陰に潜り込んでしまう。渓流釣りでとても人気の高い魚。

本来、伊豆にはイワナは生息していない。

伊豆の渓流には、アブラハヤ・オイカワ・ウグイ・アマゴ・ヤマメは生息していますが、イワナは生息していないと言われて来ました。しかし、人為的に持ち込まれたイワナが水温の高いこの伊豆半島の渓流で繁殖し今やあちこちの河川で伊豆のメイン在来種のアマゴの生息域を脅かすまでに増えました。イワナはこの先もっと勢力を広げる事でしょう。伊豆の貴重なアマゴの自然繁殖エリアでの釣行では、朱点のくっきりとした綺麗なアマゴの姿が見れる事でしょう。その際は是非リリースをお願いしたいと思う次第です。

イワナについては地元ではアングラーにどんどん釣って持って帰る様に推奨している所もあります。確かに、在来種のアマゴの生息域を脅かしてしまうので増え続ける事については良いとは思えません。伊豆半島はイワナの放流事業は行われておりませんので、釣れたイワナは自然繁殖のイワナです。アマゴは放流しないと環境の悪化で自然繁殖は難しくなっている河川もあります。そう考えると、最初は人為的に運んだにしろ、その場所で何十年も自然繁殖を繰り返して来たのだから、ある意味自然なのではないかと思ってしまいます。しかしながら近年はその事もあってかイワナの魚影も減って来ています。純粋にその河川でイワナと遊んでいたアングラーにとっては寂しい次第ではあります。

PAGE TOP