遡行の果てに待つ至福の時間

フライフィッシングを始めた頃のお話3(入門・初心者編)

渓流に降り立った時、感動と言うかそう言うのはなかったですね。もうタダタダ「上流か下流どっちに行けばいいのだぁ」って事で頭パニック。その内に誰か来るんじゃ無いだろうか、とか。。そんなネガディブな事ばかり頭に浮かんでました。そうそう、渓にはネットで調べてライセンス買って、難なく降りれたんですよ。ってか、実はその場所は渓流と言うよりも里川で川は川でも、アマゴ生息域から外れた下流部です。もちろん生息域とか知りませんからこの時は。。。

そして、ともかく、上流へ向けて釣り始めました。そしたら、なんともキャストの難しい事。トラブルばっかりで、フライはガンガンロストするは、リーダーはドンドン短くなるわで全く釣りならなかったです。管理釣り場では、そこそこ気持ちよく遊べたのに、川に出た途端全く釣りにならなくてイライラしました。

さらにまともに歩けない。ちゃんとしたウエーディングシューズを履いていなかったので、捻挫してしまいました。その時はその痛みも忘れる位釣りに集中してましたけど。。

早い段階でリーダーもガチャガチャで短くなってしまい、フライも無くなってしまったので、シブシブ川を後にしました。

これが初めて渓流に出た時の事です。

帰ってからは、フライフィッシングで本当に魚が釣れるのか。。と言う風に考えてしまうまで落ち込みました。その後ネットで、動画見たりして色々と調べ尽くしました。。。

今思えば、ポイントが先ずトラウト居ないし、フライの流し方とか全く考えて無いし、立ち位置も考えてないんだから、100%釣れないはずだったんですけどね。渓流に立った時から。

そんな釣行がしばらく続きました。。

初めて、管理釣り場以外でトラウトを手にした時は本当に感動しました。

そのお話しは続きで、


~~フライフィッシング系BOOK~~

◯身近で楽しい! オイカワ/カワムツのフライフィッシング ハンドブック: 初めての釣り、身近なレジャーにも最適!オイカワ/カワムツのフライフィッシング。最初の一匹との出会いからこだわりの楽しみ方まで

◯くわしい写真でよく分かる!初歩からのフライフィッシング―タックルえらびからキャスティングの覚え方まで

◯海フライの本3 海のフライフィッシング教書: 海フライはもっと釣れる THE ADVANCED GUIDANCE OF SALTWATER FLY FISHING

関連記事一覧

  1. イワナの谷
  2. ティムコ インファンテ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 靴底修理
  2. 稲梓川支流須郷川
  3. 西伊豆宇久須川釣行
  4. 樹脂を流し込んだグリップ材
PAGE TOP