遡行の果てに待つ至福の時間

フライフィッシングを始めた頃のお話し4(入門・初心者編)

それから、何度も何度も川に向かいました。入渓の場所も魚が居ない所なのではないかと考えて、だんだん上流の方で入る様になってました。その間【魚影】と言うものはほとんど見なかった記憶があります。そこからも、どれだけズサンなアプローチをしてたか見当がつきます。それでも、何故か諦めずに通いましたね。。そんなある時、目の前の大きめの石の裏に間違ってキャストしてしまい、ラインが見えなくなってしまったので、すぐに、ラインを手繰り寄せたら、「うん?何かに引っかかったか?」と思うような感触が手に伝わった。すると、〝グングン〟と引っ張る生命反応があったのです。それはそれは慌てました。そして、ついに魚をランディングしました。めっちゃくっちゃ感激したのを今でも覚えています。


「ヤッタァ!ヤマメが釣れたぁ!」って大喜びしました。※実は、アマゴだったのもその時は知るよしもありません。

でも、本当に嬉しい初の渓流魚でした。それからは、次もまた同じ場所に通いました。

しかし、またしばらく釣れませんでした。

色々、悩みました。その時、最終的にこの考えでその後変わったなぁ。と思う僕なりのポイントをお話しします。

・まず、釣れた一尾をマグレだと考えないで、必然だと考えて釣れた理由を掘り下げる。

一尾が釣れたのはマグレだと思っていた僕は、その後も『どうしたら釣れるか』を相変わらず考えていた。でも、そうでは無くて、釣れたと言う事実があるのだから、『どうして釣れたのか』を考えるべきであると考えを変えました。

ただこの1点のみ。考え方を少し変えたら、今とは違う色んな事が見えて来ました。

そこから、釣果がだんだんと出始めます。

次は、最終章へ


~~フライフィッシング系BOOK~~

◯身近で楽しい! オイカワ/カワムツのフライフィッシング ハンドブック: 初めての釣り、身近なレジャーにも最適!オイカワ/カワムツのフライフィッシング。最初の一匹との出会いからこだわりの楽しみ方まで

◯くわしい写真でよく分かる!初歩からのフライフィッシング―タックルえらびからキャスティングの覚え方まで

◯海フライの本3 海のフライフィッシング教書: 海フライはもっと釣れる THE ADVANCED GUIDANCE OF SALTWATER FLY FISHING

関連記事一覧

  1. キャスティング
  2. ティムコ インファンテ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 靴底修理
  2. 稲梓川支流須郷川
  3. 西伊豆宇久須川釣行
  4. 樹脂を流し込んだグリップ材
PAGE TOP