遡行の果てに待つ至福の時間

伊豆の下田の須郷川へフライフィッシングしに行ってよかった。

ここの所台風の影響なのか秋雨前線の影響なのか、どっちもの影響なのかわ分からないですが雨が続いて、本日久しぶりに雲予報。

と言う事で、最近釣果に恵まれず前回はカワムツさんと一日遊んで、、と、、少し気持ちが重たい部分もありますが、今日こそは!と言い聞かせ出動!

場所は、前回カワムツしか出会えなかった稲梓川の隣りの川の須郷川。稲梓川と出合って稲生沢川に流れる川です。

到着するまでは、稲梓川と似た里川のボサボサ川と言う勝手な河川のイメージを持っていましたが、到着して川を確認した途端。

「これ、アマゴいるでしょ。」って直ぐに分かる様な雰囲気と言うか渓相で、テンション上がりました。こんな感じです。


で、ドライフライを結んで直ぐに、ドライにバシャ!っと出ました。 小さかったので「カワムツかな」と思ったら。


小さなアマゴじゃ無いですか!その後も、ポイントにはほぼアマゴが入ってましたね。

ちょっとサイズアップで、

これで20センチ位ですね。このサイズがちょこちょこと、大半は、大幅サイズダウンの


こんなサイズばかりでしたね。良いサイズのアマゴの反応は確認出来ませんでした。

でも、魚影はこの時期なのにも関わらず濃いし、渓相も良いし水も綺麗でロッドも振りやすい。

途中は、里川の景観になったりと、また自然渓流になったりと、楽しかったぁ。

これは、周りは護岸の区間。ここもご覧の通り民家もあり人気があるのに魚影は濃かったです。

中伊豆から続いた厳しい釣行もここで一息つけました。

次は、ボウズ覚悟で、南伊豆エリアの青野川に立とうかと思います。

4、5年前に漁協が解散したこの川は、その昔に少しの間放流事業をしていたらしいです。当時にニジマスなんかも放流してたそうですから、隠れマスを期待し青野川に行こうかと今考えてます。


~~フライフィッシング系BOOK~~

◯身近で楽しい! オイカワ/カワムツのフライフィッシング ハンドブック: 初めての釣り、身近なレジャーにも最適!オイカワ/カワムツのフライフィッシング。最初の一匹との出会いからこだわりの楽しみ方まで

◯くわしい写真でよく分かる!初歩からのフライフィッシング―タックルえらびからキャスティングの覚え方まで

◯海フライの本3 海のフライフィッシング教書: 海フライはもっと釣れる THE ADVANCED GUIDANCE OF SALTWATER FLY FISHING

関連記事一覧

  1. 持越川入渓点
  2. フライロッド3
  3. ヤマイグチ
  4. 中伊豆冷川
  5. 白田川2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 靴底修理
  2. 稲梓川支流須郷川
  3. 西伊豆宇久須川釣行
  4. 樹脂を流し込んだグリップ材
PAGE TOP