遡行の果てに待つ至福の時間

【河津川水系渓流釣り】佐ケ野川へ解禁直後の釣行のリベンジ釣行

10月は10末まで渓流釣りの出来る、河津川水系をメインに釣行に出かけています。今回は支流の佐ケ野川へ入りました。この川は、本年の解禁直後の1発目に入りましたが、その際は生命反応全く無しでした。ただ、以前に入った時に良型のアマゴが連発したので、今回はそれに期待して入りました。

佐ケ野の森

佐ケ野川の中流からの入渓

佐ケ野川は、河津川との出合いから上流部まで結構長く、区間で分けると4区間位に分けられるかと思います。出合い付近は入ると大渕が連発し時には大物の魚影が見えたりします。それより上流部は、緩やかな流れになり、夏でも木々に覆われているのでプレッシャーの少ない区間、そしてその上は、大岩を有する山岳渓流区間。さらに上流は川幅が小さくフラットな流れの区間になります。今回は山岳渓流区間に入りました。
佐ケ野川

大物の気配無し

入渓は、中流の堰堤上に入りました。その付近だけは開けていて緩やかな流れになっています。そこから始めて、いきなり1匹目をランディングしたので、すっかり期待してしまいました。気を良くして、釣り上がってゆくも、思ったより良い流れでの魚の反応は薄く、時折でても小さなアマゴのアタックで、一気に大物の気配が無くなりました。
佐ケ野川のアマゴ

河津の渓流釣りシーズン終了

それにしても、佐ケ野川の渓相は抜群です。水質も良く、河津の人気支流にも関わらずしっかりと魚は残っているし、伊豆の渓流の中でもとても好きな渓流の一つです。上流部はまだ未開拓なので、この先10末までには、行って見ようと思います。結局今回の釣行ではサイズの小さなアマゴしかキャッチ出来ませんでした。尺アマゴには程遠いサイズです。イワナなら上流部で『大イワナ』なんてロマンもあるのでしょうが、アマゴだと上流部はやはり栄養が足りないですかね。。。
ここのところ、どこに行ってもアマゴがフライに出るけどフライをくわえなくなりました。。昨シーズンもこの時期は最盛期とは違いかなり食い渋りが目立ちました。

「いよいよシーズン終了なのかなぁ」と感じています。
佐ケ野川の流れ

○佐ケ野川釣行のyoutube動画はこちら(チャンネル登録もお願いします!)
https://youtu.be/4WSAOTJJH8Q


~~フライフィッシング系BOOK~~

◯身近で楽しい! オイカワ/カワムツのフライフィッシング ハンドブック: 初めての釣り、身近なレジャーにも最適!オイカワ/カワムツのフライフィッシング。最初の一匹との出会いからこだわりの楽しみ方まで

◯くわしい写真でよく分かる!初歩からのフライフィッシング―タックルえらびからキャスティングの覚え方まで

◯海フライの本3 海のフライフィッシング教書: 海フライはもっと釣れる THE ADVANCED GUIDANCE OF SALTWATER FLY FISHING

関連記事一覧

  1. 今井浜朝焼け
  2. 秋色アマゴフェンウィックと
  3. 通称クレソン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

パタゴニア

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 長野川のアマゴをリリース
  2. 中伊豆冷川
  3. 泣き尺アマゴと菅引川の風景
  4. まるで宝石アマゴ
PAGE TOP