遡行の果てに待つ至福の時間

フライフィッシングを愛する皆様、A HAPPY NEW SEASON!!

ハーズイヤーニンフタイイング

新年のご挨拶

渓流ファンで、このFLYMEN.JP BLOGをご覧になっていただいておりますフライフィッシャー、ルアーフィッシャー、ベイトフィッシャーの皆様、新年あけましておめでとう御座います! 新年というより、新たなシーズンの開幕ですね! 

“伊豆の渓流解禁!”

1月1日よりも、3月1日が神聖な日に感じるのは僕だけではないと思います。

今シーズンは、釣り行くぞぉ!

そして、沢山の魚と出会うぞぉ!

って、2月28日の大晦日!?から気合が入っています。

もちろん、年間ライセンスも購入済み!

今シーズンに想う事

まず、昨シーズンは西伊豆の渓流にあまり出れなかったので、今シーズンこそは、アクティブに攻めたい。

昨シーズンは、動画記録も疎かで編集もグダグダでしたが、今年は動画記録と編集に少し力を入れて行きたい。

尺アマゴをランディングする。

管理釣り場にも機会があったら行く。

この辺を、意識してシーズンを楽しみたいと思います。

オフは何をして、今は何をしているのか

オフの間は、本当に何もしてませんでした。オフに入ったばかりの時は、メバルやソイを狙った独自のフライフィッシングを創る!

って、海フライをしに出かけましたが、性分に合わずにすぐに行かなくなりました。

が、しかし、海フライは諦めてませんので、この後も行きます。

そして、管理釣り場も行こうかと思いましたが、結局行かずじまい。

で、結局は何もしないまま、今となりました。

今はもちろん、タイイングです。

今日は、どこの渓に入ろうか考えながら巻いています。

タイイングしながら入る渓を考える時間は、フライフィッシングの醍醐味であり、久々にシーズンが訪れたのだと思わせます。

ちなみに、フライはニンフばかり巻いています。

しかも、ハーズイヤーに偏ってます。(僕はコンビニでも、鮭のおにぎりが好きなので、鮭のおにぎりだけ3個とか買う方で、何かと偏ることが多々ある性分です。)

昨シーズンは、河津川支流の佐ケ野川に解禁直後に入りましたが、何の反応も無いまま苦い開幕を迎えました。

今年は、まだ決まっていません。人気河川は3月中旬までは結構混み合いますから、適当に廻って、先行者がいなければその渓に入ろうかと思っています。

どこも先行者がいれば、それはそれで、次回のお楽しみにとっておいて帰ろうかと思います。

ともかく、2019年のフライフィッシングストーリーが始まります。

お互い、悔いのない良いシーズンにしましょう!

※リーダーやマーカー、ティペットの細かい道具のお忘れはないように!

モーリス(MORRIS) ライン バリバス スーパーティペット マスタースペック ナイロン 6X

ティムコ(TIEMCO) ティムコ ストライクディテクター フリーカット イエロー

ティムコ(TIEMCO) TIEMCO LDLリーダー 13FT 5X


~~フライフィッシング系BOOK~~

◯身近で楽しい! オイカワ/カワムツのフライフィッシング ハンドブック: 初めての釣り、身近なレジャーにも最適!オイカワ/カワムツのフライフィッシング。最初の一匹との出会いからこだわりの楽しみ方まで

◯くわしい写真でよく分かる!初歩からのフライフィッシング―タックルえらびからキャスティングの覚え方まで

◯海フライの本3 海のフライフィッシング教書: 海フライはもっと釣れる THE ADVANCED GUIDANCE OF SALTWATER FLY FISHING

関連記事一覧

  1. ヤマイグチ
  2. まるで宝石アマゴ
  3. 荻野入川-2
  4. 今井浜朝焼け
  5. 羆

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 靴底修理
  2. 稲梓川支流須郷川
  3. 西伊豆宇久須川釣行
  4. 樹脂を流し込んだグリップ材
PAGE TOP