遡行の果てに待つ至福の時間

2年ぶり2回目?の南伊豆の須郷川へ釣行へ出かけました。(初の 半袖釣行!?)

稲梓川支流須郷川

8月はあまりの暑さに動くのが嫌で、、、というか、真夏に釣行(フライフィッシング)に出かけると最近では猛烈な頭痛に襲われるようになりました。

それもこれも歳のせいかもしれません。。

10m前にキャストしたドライフライも見えないですし・・・・・・

だいたいこの時期は魚を抜かれてしまった後で、釣行は苦戦しますが、この時期だからこその万が一の良型の残りマスを期待して秋の匂いのする渓へ出かけたわけです。

須郷川の流れ

いきなり半袖!?

現地に着いたわけですが、なんと『半袖』しかなく結局半袖でアブのわく渓へ入ることになりました。

なぜ半袖になってしまったのかというと、釣り道具と衣類一式が搭載してあるマイカーが修理中で現在代車で、つい荷物はあるという感覚で布団から立って家を出てきてしまったので当然にパジャマな訳です。

一応代車に変える時に最低限の釣具は載せたのですが、衣類は載せていませんでした・・・・

てな訳で、初の半袖釣行になったわけです。

このように半袖です。

先行ありの気配の中厳しい釣行

時期的にもプレッシャーは当然高いというのと、天気続きだったので水も少ないので、念のためいつもよりも細めのシステムではじめました。

いつもは6xリーダーに6.5x~7xのナイロンまたはフロロのラインシステムですが、この日は7xリーダーに8xティペットのパラシュートフライのシステムです。

ただ、この川はわりとサイズの良い魚も前回確認しているので、合わせ切れだけが心配でした。

・・・・と、心配はそれだけのはずが、入って間も無く新しい足跡に出会うことになりました。

時期的なものなのか、先行の影響なのかはわかりませんが、予想通り厳しく、流れに出ているは皆無。

流れに出ているのは”a” “b” “r” “a” “H” “A” “Y” “A”・・・・

アブラハヤ

onlyです。

人気のアブラハヤ

肝心のアマゴは、時々石下から、ビューン!って出てきてキュッ!?ってUターンして、また石下に戻ってゆくのを、この悪い目でなんとかギリギリ確認できるほど厳戒態勢を敷いてます。

これでは、商売あがったりです。

なんとなく気配はするのですが、やはり隠れ石近くの流れには全然出てきません。

ニンフを沈めましたが、この時期ニンフはあまり食いませんのですぐにドライフライに戻しました。

正直、なんともやりようがないので、とにかく“商い(あきない)”で数を打っていたら、なんとかアマゴに出会えました。

しかし、小さい・・・・

須郷川のアマゴ

静岡県でもこの伊豆半島のアマゴは基本的に小ぶりではありますが、餌のせいで育たないのかなぁ・・

この後、もう一尾追加して、流石に集中できなくなって3時間弱で退渓しました。

この須郷川は、水は綺麗で、川幅も小規模、そして歩きやすいし、里川や落差のある山岳っぽい箇所まであり、魚の反応もそこそこあって、サイズも期待できるとても良い川ですが、先行の気配ありだと流石に厳しかったです。

数釣りは期待できませんが、次回こそ秋の大物を釣りたいと思います。

今、この記事を書いているこの時間ちょうど台風15号が伊豆を通っていますが、明日には通り過ぎます。

この史上最高クラスの台風の通り過ぎた後のガチャガチャの川で釣りをしたらどうなのだろうか・・・・まさかの大物がなんてことが!?

・・・・と考えている自分がいるのが怖い今日この頃でした。

関連記事一覧

  1. 長野川のアマゴをリリース

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 靴底修理
  2. 稲梓川支流須郷川
  3. 西伊豆宇久須川釣行
PAGE TOP