遡行の果てに待つ至福の時間

イワナを求めて山梨遠征2日目の釣りは初めての沢へ(2日目)

山梨県でイワナ釣り

1泊2日の今回の山梨遠征なのですが、1泊遠征だと初日の朝に出て、昼前に着いて2、3時間釣りをしてから宿泊地へ向かい、次の2日目は帰りの時間があるので、4、5時間釣りをして帰る。

割と釣行時間が少ないんですよねぇ。

って、毎回車の運転はオガジなんで、オガジはそれでも身体はキツイと思うんですが、その為にも、最低2泊3日の行程で遠征行きたいなぁ…っと思う今日この頃です。

山梨県のイワナ沢へ
山梨でイワナ沢を新規開拓

2日目は知らない川へ新規開拓に!

次の遠征を考えて、新しい沢を探しておく必要があるので、2日目は新規河川に入渓。

渓相と川の水量、それにロッドの振りやすさとポイントの多さは抜群!

釣れる気しかしない…始める前の気持は、、

それで、前日ドライに反応がなかったのに、懲りずにまたドライではじめました。

このポイントは、イワナなのかアマゴなのかもわからないままとにかく1匹釣らないことには始まりません。

…がしかし、いいポイントもドライを流しても反応がありません。

「ダメそうだから、沢変えしようか」

とオガジが言ったので、

「反応らしきものがあったので、もうちょい粘ります」

と、言った直後の良さげなポイントで、オガジのドライカディスに良いイワナが出ました。

山梨でオガジが釣ったイワナ
オガジのキャッチしたイワナ

なので、この後ドライに反応があるのか⁉︎

と思いそのままドライで続けますがどうも反応がありません、すると大石と大石の間の穴からのぞく流れのたるみで、数匹の魚影をオガジが発見!

イワナの魚影が確認できた穴
これがイワナの魚影の見える穴

これはと思い大石の上からドライを流すも、スルーー、何度か流してもスルーーー。

そこで、ニンフに変えてキャッチ!

イワナでした。

山梨遠征二日目に釣ったイワナ
2日目に釣ったイワナ

この後、ニンフで追加して、

「活性の低い時はやっぱりニンフ強いなぁー」

という毎回思う感想で終わりました。

この沢はシーズン最盛期は良い釣りができそうでよかったです。

◯イワナを求めて山梨遠征2日目の動画はこちら

◯大雨の時に行った山梨遠征の過去の記事はこちら

関連記事一覧

  1. ドライに出る直前
  2. 河津川水系佐ヶ野川上流部の風景
  3. 西伊豆宇久須川釣行
  4. イワナの模様
  5. 通称クレソン
  6. 猫越川のアマゴ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 河津川水系沼の川(荻野入川)で検証釣行
  2. ランディングネット製作再開
  3. 河津で採ったキクラゲ
  4. 雨の東伊豆大川川
PAGE TOP