遡行の果てに待つ至福の時間

2022解禁直後に行った東伊豆のイワナ沢。。。渓流釣り中にイノシシに遭遇

解禁直後東伊豆のイワナ沢へ

解禁間もない時に東伊豆のイワナ沢へ様子を見に行ったんですが、まぁー渋かったです。

これぞ低活性!

という様なとても静かで反応の薄い釣行になりました。

実際この記事を書いているのはもう5月で、それまでに山梨遠征でイワナを狙いに行きましたが、そこでも混成域ではイワナの活性が低くアマゴの活性が高かったですので、低水温にはもしかしたらアマゴのが強いんでは?

と思った次第です。

ただ途中でイノシシと遭遇し新鮮ではありましたねw

東伊豆の沢で会ったイノシシを撮影中
イノシシを撮影中

イワナとアマゴ底水温に強いのはどっち?

そもそもなんでイワナ沢へ入ったのかという事なんですが、それは単純に時期的にまだ水温が低いのでどちらかと言うとアマゴよりイワナの方が低水温に強いから活性は高いんでない?

と思って入ったわけです。

その間ほかの沢へも入っていたのですが、反応があるけどチビアマゴばかりだったので、サイズの大きいアマゴはまだ活性が低いと思っていました。

なので、イワナ沢へ様子を見に行ったというのもあります。

東伊豆のイワナ沢
東伊豆のイワナ沢

想像以上の苦戦でもなんとかイワナをキャッチ

正直イワナも活性が低いのはこの沢に何度も入っているのでわかります。

ですが、一応ニンフでならばポイントポイントでポチポチ小さい反応はありました。

しかし、この日は同行者のオガジとドライとニンフで攻めたのですが、どちらもことごとく反応が無し、、、

ゆっくりのんびり、一日がかりになる沢を楽しもうかと思っていましたが、あまりに反応がないので焦ります。

その中で、泡したを狙ったらたまたま反応がありイワナをやっとキャッチする事ができました。

東伊豆のイワナ
東伊豆のイワナ

それにしても、魚は居るのでしょうが隠れて動かない感じが伝わって来ます。

堰堤したの深みをニンフで探ってやっとこさでキャッチ。

その後上へ行きましたが、水がもっと強くなるんで、全く反応がなくなりました。

ここは、アマゴがいないのでわかりませんが、どこのイワナ沢行ってもイワナの反応よりアマゴの反応がいいんで、もしかしたら低水温に居るのはイワナだけど、実際それは地形の問題であって、本当はアマゴの方が低水温には強いんでないか?

っと近頃思う様になって来ました。

◯イワナ沢での釣行動画はこちら

◯イワナ沢の以前の記事はこちら

関連記事一覧

  1. 猫越川の流れ
  2. 伊豆狩野川水系猫越川
  3. 猫越川のアマゴ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク




最近の記事

  1. 河津川水系沼の川(荻野入川)で検証釣行
  2. ランディングネット製作再開
  3. 河津で採ったキクラゲ
  4. 雨の東伊豆大川川
PAGE TOP